新潟ブログポータル!LogPort
新潟ブログポータル!LogPort
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
槇原

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2014年10月07日

アンケート結果発表】こんな世界で暮らした

最近少しずつですが暖かくなってきましたね. 過ごしやすい陽気になると、ついウトウトしてしまう時間が増えるりえぽんです. 今回のアンケートでは、皆さんに"入ってみたい! 暮らしてみたい! "と思うゲームの世界について聞いてみました. 個別のタイトルを選んでくれた方もいらっしゃるのですが、シリーズで選んでくれた方も多かったので、集計はシリーズでまとめてみました. 結果とコメントをあわせて紹介します! (集計期間は2月23日~3月7日) "このゲームの世界に入ってみたい! or 暮らしてみたい! "と思うゲームは? 順位 シリーズタイトル名 1位 『牧場物語』シリーズ 2位 『ファイナルファンタジー』シリーズ 3位 『ポケットモンスター』シリーズ 4位 『ドラゴンクエスト』シリーズ 5位 『どうぶつの森』シリーズ 選んだゲームとその理由 ・『牧場物語』シリーズ のんびり気ままに生活できて、動物たちと触れあえるところがすごく魅力的です. (きんさん) ・『牧場物語』シリーズ のんびりまったり暮らしていけそう. ゲームとしてはどんなハードな世界でも楽しいですが、実際に暮らしたい世界はやはり平和が1番です. (yuutaunionさん) ・『ファイナルファンタジー 零式』 0組のメンバーとしゃべってみたい! (KAさん) ・『ファイナルファンタジー』シリーズ タイトルによって雰囲気が違うので、いろいろな世界観を見られそうだし、純粋におもしろそう. (夜天さん) ・『ファイナルファンタジーX』 ブリッツボールの選手になってみたいです! (ユウヒさん) ・『ポケットモンスター』シリーズ 動物が大好きなので、ポケモンと自分の家族のように触れあえる世界観が大好きです. たくさんのポケモンを集めて友だちにできそう! (Nさん) ・『ドラゴンクエスト』シリーズ せっかくならファンタジーの世界に行ってみたい. ファンタジーの王道といえば『ドラゴンクエスト』だと思いました. 冒険の旅に出たいです. (RANさん) ・『どうぶつの森』シリーズ ほのぼのとした生活を送ってみたいです. 特にカフェでコーヒーの味を確かめてみたい! (旅立ちのツバメさん) ・『GRAVITY DAZE/重力的眩暈: 上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動』 ゲームのキトゥンのようにあちこちを飛び回りたいから. また、ヨーロッパ風の雰囲気も楽しみたい. (ゆうさん) ・『ペルソナ4』 自分のペルソナが確かめられるなら確かめてみたいですし、何よりりせちーや里中千枝、雪子がかわいいから... . バスケットシューズ (NOAHさん) ・『ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~』 アーランドの国の雰囲気も大好きだし、なにより自分も錬金術士になってみたい! (satotoさん) ・『サクラ大戦』シリーズ 蒸気技術の特化した時代という設定がおもしろいし、大正浪漫の雰囲気がいい. よく災難に見舞われるが、帝国華撃団や巴里華撃団の助けもあるし、彼女たちのレビュウも見てみたい. (雅さん) 1位を獲得したのは、ほのぼのとした牧場ライフが楽しめる『牧場物語』シリーズです. シリーズ15周年を迎え、最新作の『牧場物語 はじまりの大地』も発売されたばかりで、プレイしている方が多いようでした. たくさんの動物たちに囲まれた牧場生活... 、りえぽんもあこがれちゃいます. 『ファイナルファンタジー』シリーズについては、中でも『ファイナルファンタジーX』が人気でした. ユウヒさんをはじめ、ゲーム中に登場する架空のスポーツ"ブリッツボール"をプレイしてみたいという方がたくさんいました. ルールなどは実在するスポーツのようにわかりやすいですが、水中でプレイするスポーツなので実際にはできないですからね. 挑戦してみたいという気持ちもわかります. 全体を見てみると、平和に暮らせるほのぼの系ゲームを選ぶ方と、がっつり王道ファンタジーのゲームを選ぶ方が多い印象です. 中には、『バイオハザード』シリーズなどホラー系タイトルを選んだ人も! すごく勇気がありますね... . りえぽんは怖いゲームが苦手なので、実際にその世界へ行ってしまったらきっと大変なことになると思います. ちなみに、りえぽんはどのゲームの世界に入ってみたいかといいますと... 765プロのプロデューサーになりたいですね! (りえぽん).   


Posted by 槇原 at 19:55Comments(0)